「55歳まで一人で生きてきた私に幸せの神様降臨しました。』成婚退会者インタビュー【前編】

今回は、良縁の神様で活動されていた

50歳代の元女性会員さんに

インタビューをさせていただきました。

 

前編では,入会からお見合い交際までの

具体的なインタビューをさせていただきます。

 

仲人(鬼頭):婚活を始めようと思ったきっかけは、なんですか?

 

きっかけかは、わからないのですが、

「結婚がしたいな」という気持ちの周期が定期的にくるんです。

 

英会話と一緒で、海外に行って「あーもっと話したい!」と思って、

帰国してからしばらくは英会話を頑張る…というような。

 

でも、また日常になると気持ちが薄れて…という周期があるように、

婚活も同じように周期があるんです。

 

あとは42歳で起業したので、結婚どころではなくて

しばらくは仕事に専念していたのですが、

やっぱりその間にどんどん歳をとって、親も老いていって、

将来のことを考えた時に自分の中にまたムーブメントが起きる

ということがありますよね。

 

そんな時に商工会議所の会合で仲人の鬼頭さん

名刺交換して大きなきっかけとなりました。』

 

仲人(鬼頭):「あなたは今日が一番若いですよ」と私がお伝えしたんですよね。

 

『そうです!

社交辞令のようにみんなに「私、結婚したいです」と言っていたのですが、

そこまで本気ではなくて。

 

でも、あの時鬼頭さんに「今日が一番若いですよ。」と言われて、

実際の自分の年齢が55歳だ…と思って。

 

今までだったら自分が選ぶ立場で、

自分が選びたい時に結婚できると思っていたのが、

「今が一番若い」という言葉を聞いて、

初めて向こう側の立場にたって、

60歳になったら選んでもらえないな、と思ったんです。』

 

 

仲人(鬼頭):  アプリやパーティーなど手軽に出会のチャンスがある中で、

どうして結婚相談所を選んだのですか?

 

『やっぱり安心感ですね。

相談所の仲人さんに直接会って、

その方の人柄や人物像がわかるということに

安心感がありました。』

 

 

仲人(鬼頭)  :  結婚相談所はアプリと比べると料金もかかりますが、

その辺りどう思いましたか?

 

一生のことを決めることなので、気にならなかったですね。

1,000万と言われたらちょっと考えちゃいますけど笑』

 

 

仲人(鬼頭)  :  どうして「良縁の神様」に入会したのですか?

 

『一度仲人の鬼頭さんにお会いして、

今までの仲人さんのイメージが払拭された感じがありました。

 

「伴走者」というような良いイメージになりました。

 

仲人(鬼頭):逆にもともとの仲人のイメージはどんな感じだったのですか?

 

『一般的なイメージかな。

「世話好きな、おせっかいおばさん」というような笑』

 

仲人(鬼頭)  :  お見合いは、申込するのですか? 申し込まれるのを待つのですか?

 

『私の場合は入会する前に、鬼頭さんとお会いした際

「みどりさんに合いそうな方を選んでみたの」っていう軽い感じで

8名ほどプロフィールをプリントした男性を紹介してもらいました。

 

今まで55年も生きてきて、自分から好きになった人は別として、

知り合いから紹介をされていいなと思ったことが一人もいなかったのに、

一度しかお会いしたことない鬼頭さんから紹介してくれた方

8人中2人も会ってみたいなと思う人がいたことにびっくりしました。

そこから、「お願いします!」っていう気持ちになり入会しました。

 

 

 

 

仲人(鬼頭)  :  初のお見合いはいかがでしたか?

 

初のお見合いは会ってみたいと思った方、

2人のうちのお一人55歳の会社経営している人でした。

 

お見合いした日はとても話が盛り上がって、

2時間くらい話が途切れる事なく話して、本当に面白かったですね。』

 

仲人(鬼頭):その初のお見合いの方と結婚することになるんですよね。

 

『そうなんです。

お見合いが終わったあとにお食事に行って、

その帰りに「次は京都でもいきましょうか?」と言われて、

その日程が3週間ほどあとだったんです。

結構間があくので、京都に行くまでの間にお食事に行きました。』

 

仲人(鬼頭):その後デートしていかがでしたか?

 

『二回目に食事に行ったときに気分が悪くなってしまって。

その時すぐにタクシーを読んでくれて家まで送ってくれたのが

とても紳士的だったので「この人いいな」と思っていたんです。

それで、鬼頭さんに「この人がいいかも」と伝えましたね。』

 

仲人(鬼頭):その後も「せっかく相談所に入ったのだから他の人とも会わないと」って

私から3人の方とのお見合いをすすめたんですよね。

少し無理やりお見合いした感じでしたね笑

 

『そうそう!で、あと3人お見合い相手を決めてくれてたの。

他の方に会ってみて、税理士をされていた方もとても良かったんです。

99%いい感じだったんですけど、最後の最後に「上から目線」というか

そこが気になってダメでした。

あと2人とお見合いしましたね。』

 

仲人(鬼頭):大企業を経営されている方と印刷会社をされている方でしたね。

 

『そうでしたね。』

 

仲人(鬼頭)  :  仮交際は、どんなところでデートしましたか? 

 

『1回目はお食事に行って、2回目は京都に行きました。

京都は朝10時に待ち合わせして、終電で帰宅しました。

長い時間でしたけど、自分が自然体でいれて楽しかったんです。

なので、その1日で決めたのかな。

 

私は豆腐が好きで湯豆腐を食べて、

彼に「お豆腐好きですか?」って聞いたら「普通です」って。

普通少しは話あわせませんか?

でも、そんなところも自然でいいかなって思ったんです。

 

あとはプラネタリウムや伊勢神宮にも行きました。

伊勢神宮のときは、近鉄の改札で待ち合わせしたのですが、

行ったら半ズボンだったんです!小学生か?!って感じですよね。

なんか、毎回そんな感じなんですが、

この人愉快な方だなと思ってデートしてました笑

 

 

仲人(鬼頭):2回目のデートで京都なので、かなり早いタイミングで遠方デートだったんですね。

 

仲人(鬼頭):仮交際中のお茶やお食事などデート費用に関しては割り勘でしたか?

 

『私は払ったことないです。全てお相手が支払ってくれました。

遊びに行った際の彼の家族へのお土産などは私が購入してました。』

 

~後半へ続く~ 

仲人力で成婚を!専任の仲人と本気の婚活をする結婚相談所 良縁の神様 (seikon-no1.jp)