【U40女性必見!】交際3ヶ月ルールと期限を決める大切な理由

婚活女性
婚活女性
結婚相談所では、

交際期間が3ヶ月と決められていると聞きました。
本当ですか?

こんにちは!
多くの結婚相談所では、
交際3ヶ月ルールがあります。
このルールには、きちんとした理由があります。
アドバイザー
アドバイザー
婚活女性
婚活女性
そうなんですね~。
来年30歳になるので、そろそろ真剣に婚活を考えていて・・・。
真剣度を考えると、結婚相談所に入会した方が良いのかなと思うのですが、

交際3ヶ月っていうのは、ちょっと早すぎないかなぁ、と思って・・・。

確かに一般的な交際で考えると、
3ヶ月交際で結婚を決めるっていうのは、
電撃婚のようなイメージあるでしょうね。

今日は、結婚相談所における3ヶ月ルールについて
お話させていただきますね。

アドバイザー
アドバイザー
婚活女性
婚活女性
はい!ぜひ、知りたいです。
教えて下さい!

 

あなたの「今」は、永遠ではありません。

 

多くの結婚相談所には、

「交際3ヶ月ルール」というものがあります。

 

「お見合い後、

交際に入ってから3ヶ月以内に、

お相手と婚約(成婚退会)するかどうかの

意思表示をすること」

 

遠距離交際や、急な転勤、出張などの

仕事上の都合などで、

順調な交際を進めるのが難し場合を除き、

基本はこの「3ヶ月ルール」ということを基本に

交際をしていただきます。

 

結婚相談所に入会しようと考えている方に、

この「交際3ヶ月ルール」を伝えると、

大抵の方が、

「そんなに短い交際期間で

生涯のパートナーを

決められるのでしょうか?」

と驚かれます。

 

ですが、

実際に多くのカップルが3ヶ月以内に

成婚退会をされているという

事実があるのです。

 

今回はなぜ、結婚相談所には

「交際3ヶ月ルール」

というものが存在するのか。

その理由と、

3ヶ月ルールを基本とした婚活についての

基礎知識をお伝えいたします。

 

 

1.婚活に期限は必要?

 

さて、質問です。

あなたはこれから、恋愛をしたいですか?

それとも結婚をしたいですか?

 

「恋愛をしたい」と望むのであれば、

特に期限を設ける必要もなく、

二人のペースでいくらでも

時間を費やしていけばよいでしょう。

 

心の動きも自然に任せ、

思い思われる関係を楽しむ。

これぞまさに恋愛の楽しみでもあり、

醍醐味ですよね。

 

もちろん、時には思うようにならない気持ちに

辛くなったりすることもあるでしょうが。

それも含めて「恋愛」の醍醐味だと思います。

 

ですが、

あなたが「結婚」を望むのであるならば、

「いつまでに」

「何歳までに」という、

期限の目標を決めましょう。

 

結婚に限らず、どんなことにおいても、

「いつか・・・したい。」という目標は、

いつまでたっても実現しません。

 

あなたが望むことを

確実に叶えたいのであれば、

目標に期限を設定しましょう。

 

期限を設定することで、

まずは何をすればよいのか、

どうすればよいのかという方法を

見つけ、計画していくことが出来ます。

 

結婚は人生のゴールでは、ありません。

新たなステージのスタートなのです。

まずは、スタート地点に立ちましょう。

 

スタート地点に立っていないのに、

頭の中で考えるばかりでは

いつまでたっても前に進めません。

 

行動しない間にも、

あなたの人生の大切な時間は

刻一刻と過ぎていきます。

 

期限を決めて計画し、前に進みましょう。

 

あなたの人生の中で

「今」が一番若いのですから。

 

2.子供を産むことを望むなら

 

あなたは、

今日から婚活するぞ!と決心しました。

 

婚活するからには、

出会いの場を探していかなければ

いけませんね。

 

合コンや婚活パーティーに参加するもよし、

友人知人、上司に紹介してもらうという

場合もあるでしょう。

 

共通の趣味をもちたいと思うのであれば、

スポーツやカルチャースクールなどに

参加することもありでしょう。

そして、めでたく交際相手が見つかり、

交際がスタート。

 

ですが、交際が進むほど、

不安になってくるかもしれません。

 

それはなぜか?

 

それは、

相手に対して思いが強くなるほど、

もっと一緒に居たい、自分のことを知って欲しい、

相手のことをもっと知りたい、などなど・・・

様々な欲求が出てくるからです。

そしてさらに、

自分が結婚を意識していればなおさら、

 

「自分は結婚したいを思っているけれど、

相手はどうなの?」

 

男性であれば、

「プロポーズしたいけど、

タイミングがわからない」

などと様々な悩みが

出てくるのではないでしょうか?

 

現に私のところへ

婚活相談に来られる方々も、

過去の恋愛が結婚に至らなかった

経緯について、

このような体験談をお話される方が

少なくありません。

 

なんとなく交際期間ばかりが

ズルズルと長引いてしまい、

結局は破局。

気づけばとっくに

30代も後半になっていた・・・

という方、本当に多いです。

 

あなたがまだ20代であれば、

そういう期間も「貴重な経験の時間」

とらえても良いかもしれません。

 

ですが、

特にあなたが女性で、

子供を産みたいと望む気持ちがあるのなら、

いつまでも終わりのない恋愛期間を

「貴重な経験」と言っている場合では

ないと思います。

 

男性は、身体上に特に問題がなければ、

60歳や70歳でも

子供を作ることはできます。

しかし女性の場合は、

いくら医学が発達しているとは言え、

妊娠するのにはタイムリミットが

あるのです。

 

女性が妊娠・出産をするのに

適した年齢は、

18歳から45歳くらいまでだそうです。

(参考)

【妊娠に適齢期はありますか?】オムロン式美人

 

このオムロン式美人の記事にもあるように、

40代に入ってからですと、

合併症などの心配も出てくるため、

25才~35歳ぐらいまでが

最も妊娠に適した時期言える

ということを考えると、

ずるずると長引くだけの

交際や同棲を続けることは、

本当に勿体ない時間

言えるのではないでしょうか。

 

3.なぜ結婚相談所では、交際3ヶ月が可能なのか

 

 

①結婚に対する真剣度が高い

 

例えば会社の同僚や友人知人からの

紹介があったとしても、

その人の気持ちが単純に恋人を

探しているだけなのか、

結婚相手を求めているのかも

曖昧だったりしますよね。

 

一般的には、交際が進んでいく中で

徐々にお互いの情報について知っていき、

気持ちの確認などをしていく時間が

必要かと思います。

結婚を望んでいるかどうかすら、

当然ですが最初からわからないわけです。

 

結婚相談所とは、

文字通り「結婚」を目的とした男女が

入会してきます。

まず、最初の時点で

「結婚相手を探している」

ということが明確であること。

 

結婚に対する真剣度が高い方たちが

入会するのが結婚相談所なのです。

 

②事前にプロフィールを確認した上でお相手選びが出来る。

 

例えば、

あなたが偶然とこかで出会った人と

意気投合し、交際スタートした場合、

最初からお互いの仕事や年収、

出身地や学歴、家族構成などなど、

色々なプロフィールにについて

確認出来ることって、

なかなか難しいのではないでしょうか?

 

結婚相談所は、

基本的に入会時の証明物が必須ですので、

アルバイトなのに会社員と偽ったり、

年収を多く記載したり、

独身者を装ったりという人は

入会することが出来ません。

 

手軽に利用できる「婚活アプリ」には、

まだまだ偽のプロフィールを

掲載したるする人もいると聞きます。

 

そのせいでトラブルに

なったりする事例が多いというのも

皆さんもよくご存じではないかと思います。

 

プロフィールによって、

相手がどのようなお仕事なのか

(会社員、自営業、有資格者など)

どこの地域に居住あるいはお勤めなのか、

男性であれば年収はどれぐらいなのか、

その他、学歴、趣味、未婚、再婚、

家族構成などの情報がわかるのです。

 

最初にお会いする時点で、

ある程度の情報を把握できているということは、

確実に交際期間の短縮につながります。

 

なかなか簡単なようで聞けないですよね。

「ところであなたの年収は?」なんて。

 

③一人で悩まずに婚活できる。

 

結婚に対する不安や悩みって、

真剣になればなるほど家族や友人にも

打ち明けられなくなることって

ありませんか?

 

また、交際中にお相手に

直接聞きたいことが聞けないまま、

自分だけで悶々と過ごす時間も

なかなか辛いですね。

 

結婚相談所には、

それぞれの方に

担当者」「仲人」「カウンセラー」

と呼ばれる存在がいます。

 

もちろんそれぞれの結婚相談所によって、

大人数を扱ったり、少人数性であったりと、

形態は色々ありますが、

基本的に婚活アプリなどとは違い、

ご自分の相当者が明確に存在しているのが

結婚相談所でのメリットです。

 

つまり、会員様お一人お一人に

伴走者(サポーター)がいるのです。

困ったことや悩んでいることを

早期解決に導く伴走者がいるということは、

あなたの時間を無駄にしないことに

繋がっていくのです。

 

 

④結婚相談所は、成婚に導くためのノウハウを持っている。

 

多くの結婚相談所では、

様々な経験や知識で、

どうすれば効果的にサポートできるのか

というノウハウを日々実践し、

ラッシュアップしています。

 

その為に会員様との

カウンセリング時間を大切にし、

状況に応じたアドバイス等、

それぞれの方に応じた

サポートをしていきます。

 

結婚相談所は、

真剣に結婚を求める方々の

時間を大切にし、

目標に到達する為の応援団なのです。

 

⑤交際3ヶ月の具体的な流れ

 

お相手探し

スマホやPCで利用できるシステムを用いて、

ご自身でお相手探しが出来ます。

また、担当者からの紹介や、

結婚相談所が主催するパーティーなどでも

お相手探しをすることが出来ます。

お見合い

申込み、申し受けにより、

双方ともに同意できれば、お見合い成立です。

改めてお二人がお会いするお見合いは、

必ず双方相談所担当者が

お互いのご希望に応じて

日程や場所の調整をいたします。

お見合いが成立したのに、

会わずにお断りするということは、

違反行為となります。

仮交際(1ヶ月程度)

お見合いで、お互いに「また会いたい」という

気持ちになりましたら、仮交際成立です。

週1程度のデート、食事など、

短時間で良いので会うことが大切な期間。

電話やLINEなどは毎日でも出来れば理想的。

この期間は複数人との交際可能。

真剣交際(交際期間2ヶ月目ぐらいから)

いわゆる恋人同士の期間。

他の人とはお見合いは認められません。

一人に絞り、具体的にお互いの結婚観などを

確認し合ったり、結婚を前提としたお付き合い。

 

プロポーズ

お互いの結婚に対する意志が固まったら、

気持ちを伝えます。

双方担当者も連絡を取り合い、

お互いにベストなプロポーズの

タイミングを図ります。

成婚退会

お二人の気持ちが

合致(プロポーズ成功)したら、

晴れて成婚(婚約状態)です。

結婚相談所を退会します。

 

*結婚相談所での「成婚」とは、

婚姻届けを提出したり、

結婚式を挙げたりすることではなく、

婚約、結婚に向けての同意、同棲など、

「婚約した状態」のことを言います。

(参考)

日本結婚相談所連盟(IBJ)が

成婚者8,624名を分析した成婚白書(2020年度版)

によると、

全国の典型的な成婚像は、

男性39歳前後、女性35歳前後で、

10回前後のお見合いをし、

5名程度の相手と仮交際、

最終的に3~4ヶ月の交際を経て成婚退会。

在籍期間は半年前後であることがわかる。」

という結果が出ています。

 

 

まとめ

 

結婚とはゴールではなく、

人生における大きなスタート地点。

まずは、そこに立つまでの大切な時間を

無駄にしないことが大切。

 

結婚相談所は、

最初から明確に「結婚」を

目的とした人たち、

「結婚」に対する真剣度が

高い人たちが入会しています。

 

結婚相談所には、

婚活における担当者(カウンセラー、仲人)

がいるため、

一人で悩む時間を長引かせません。

 

結婚相談所には、

様々な経験や過去の実績から、

確実に成婚に導くための

ノウハウが存在します。

 

 

結婚相談所では、

交際3ヶ月ルールを設定することによって、

結婚を望む方が、

ご自分の人生の

大切な目的を達成するための

道筋を明確にしていくのです。

 

「いつか結婚する」ではなく、

「必ず結婚する」為に。

 

 

(参考資料)

交際から結婚までの期間の調べ(ブライダル総研)では、

https://souken.zexy.net/research_news/2015/07/150715.html

交際期間が2年未満だった割合が、

20代が一番多く、それ以降年代が上がるにつれて、

交際期間がさらに短くなるということが

わかっています。

 

大手婚活情報サイト「ゼクシイ」が

行ったアンケートによると、

「交際スタートから結婚を決めるまで

どのくらいでしたか?」という質問に対し、

「6ヶ月未満」がトップだったそうです。

https://zexy.net/mar/manual/ring_info/propose_kiso_article1.html

 

仲人力で成婚を!専任の仲人と本気の婚活をする結婚相談所 良縁の神様 (seikon-no1.jp)